[Unity] MacにUnityをインストールする

その昔は3Dを作るのに行列計算しながらやっていましたが、Unity はとても簡単に複雑な3Dを作り上げられます。そして、iPhoneやAndroid のアプリにも変換できる優れものです。
 
unity-mac_01

Unity 2018.1




Unity 2018

 
UnityのWindows版とMac版での使い方は基本的には同じです。また、インストールするPCのスペックは、Unity 2018.1 の動作環境に説明がありますが、結局どんなプロジェクトなのかによります。3Dをたくさん使うようなゲームではそれなりのパフォーマンスも必要ということでしょう。
 
尚、WindowsはWindowsにUnityをインストールするを参照してください。
 

 

ダウンロードとインストール

 
Unity のダウンロードサイト
 
PersonalとProの機能比較があります。Unityでアプリ販売をしないのであれば
「無料」の「Personalを試す 」を選択(以降、Personalとしての設定で進めます)
 
unity_install_04
 
利用規約を確認して同意するならば
Mac用のインストーラーをダウンロード
 
unity-mac_02
 
UnityDownloadAssistant-xxx.dmg がダウンロードされるのでそれを実行
ダウンロードがうまくできない場合はページ下の「過去バージョンの Unity」から過去バージョンに変えてインストールを試してみる
 
DownloadAssistant が起動「Unity Download Assistant.app」をクリック
 
unity-install-mac_01
 
「Continue」をクリック
 
unity-install-mac_02
 
ライセンスに同意するならば「Continue」を選択
 
unity-install-mac_03
 
承諾の場合は「Agree」
 
unity-install-mac_04
 
Components の設定
ここで、iOS、 Androidなどをターゲットとするならば選択しないとビルドができなくなる。
 
unity-mac_03
 
End User ライセンスVisual StudioとMonoのライセンス規約を読んで
「Continue」で「Agree」
 
unity-mac_04
 
インストールする場所を選択
ここではMachintosh HDに緑の矢印を置いて「Continue」
 
unity-install-mac_06
 
Downloadが始まる
 
unity-mac_05
 
インストール終了「Close」をクリックするとアクティベーションが起動します。
 

 

アクティベーション

 
EmailとPasswordを入れて[Sign In]をクリックします。
Accountを作っていない場合は「create one」をクリックして作成。
Unity 2018 for windowsの「新規にIDを作成するケース」を参考にしてください。
 
unity-mac_07
 
Serial is invalidでエラーとなった場合は「Re Activate」をクリックします。
 
unity-install-mac_11
 
「Plus or Pro」か「Personal」を選択して「Next」
 
unity-install-mac_12
 
会社、組織についての質問に答える
 
unity-install-mac_13
 
Thank you! 🙂 となればインストールは終わりです。
 

 
 

誤字脱字、意味不明などのご意見は こちらから
mailフォーム
ブックマークしておきましょう
このエントリーをはてなブックマークに追加





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする