Unity Hub を使ってインストールする


Unityをインストールする方法として直にインストールするのではなくUnity Hubを使う方法もあります。Unityのバージョンを複数管理できるメリットがあります。

Unity Hub 2.0.2
Unity 2019.1.8f1




Unity Hub

 
なぜ複数のUnityのバージョンがあるのでしょう
色々な原因があるとは思いますが、その一つの理由として、AndroidにしてもiOSにしても仕様変更がよくあります。大きな変更が年1回、その他のマイナーな変更に対応する必要があるのでしょう。

基本的にはこちらのマニュアル参考にして説明していきます。
Unity Hub を使用した Unity のインストール – Unity マニュアル
 

 

Unity Hubをインストール

 
Unity をダウンロード から「Unity Hub をダウンロード」からダウンロードします。

「Unityを選択+ダウンロード」では今までの個別インストールになります。

UnityHubSetup.exe がダウンロードされるので実行します。

ライセンス契約書に同意

インストール先を選択

セットアップが終了、「Unity Hubを実行」にチェックを入れて「完了」

ここからが、ちょっと変わってきたところですが、実は今までと同じです。ライセンスを入れるか取得します。

新規ライセンスを取得します。個人で趣味の場合はUnity Personalで問題ありませんが、会社の場合は会社と相談してください。

Emailやパスワードなどを登録してライセンスを取得します。
以下が参考になるかもしれません。

3Dのスマホゲームを作るならUnityです。iPhoneやAndroid のアプリにも変換でき3Dゲームに特化しています。ここではUnity...
 

Unity インストール

 
Unity Hubでライセンスを取ればUnityをインストールすることができます。「インストール」

Unityのバージョンは、
f が安定板なのでそれを選択します。aやbはアルファやベータバージョンだったりします。

Unityをどのプラットフォーム(AndroidやiOSなど)で使うのか決めます。

Visual Studio もエディターとして使いますので入れておきます。
そこそこ時間がかかります…

Unityがインストールされました。

もう一つ入れてみます

 

プロジェクトを作成

 
新規でプロジェクトを作成してみます。
左にある「プロジェクト」を選択して「新規作成」をクリック

Unityのバージョンを選びます。

最初は「3D」を選び「プロジェクト名」と保存先を決めて「作成」します。

プロジェクトが作成されました。
いよいよアプリを作っていきましょう。

References:
Unity Hub を使用した Unity のインストール – Unity マニュアル
Unity Hub をダウンロード – Download – Unity